« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

紫陽花

母が丹精して育てた紫陽花の花を頂いてきました~note

母に「ノエルちゃんへお供えしてあげて」と言われたので、

ノエルの遺影の横に飾らせて貰いましたよhappy01

続きを読む "紫陽花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月27日 (日)

アンジェと面会②

面会へ行った時間が丁度お昼時だったので、

ご飯をあげさせて貰いましたhappy01

兄弟と一緒のご飯だったのだけど、みんな食欲旺盛でガツガツ食べてたよdelicious

続きを読む "アンジェと面会②"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月26日 (土)

アンジェと面会①

運命の出会いで、我が家にやってくる事になったカニンヘンダックスの仔犬・・・

名前を『アンジェ』に決定しましたhappy01



Angers20120526_035


今日、面会へ行って来たのですが・・・

既にブリーダーさんにその事を伝えていたので、

ブリーダーさんに名前を呼ばれて、シッポをフリフリ、愛嬌を振りまいていました。

それが、凄~く可愛いのぉ~heart04


最初は、私達に警戒心があったので、隠れるようにしていましたが、

時間が経つと、慣れてきて、甘えてくれるようになりましたよ。

続きを読む "アンジェと面会①"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月22日 (火)

ライラック

今日はノエルの月命日だったので、

エキナカにあるお花屋さんで、ライラックの花を買ってきましたhappy01

20120522_014

花が重くて、生けるの大変でしたhappy02

花瓶を長めの一輪挿しのものから、

低めの花瓶に変えて何とかなったよぉ"σ( ̄^ ̄;)エッヘン


食いしん坊のノエルの事だから・・・

『お花より美味しいもの頂戴heart04』って思っているかもね~(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

運命の出会い③

ブリーダーさん宅へ、初めて仔犬の見学に伺った時・・・

dogの健康状態を見ること。

質問すべき事を聞き忘れないか?という事ばかりにかまけて、

dogの写真を撮り忘れてしまいましたcrying


ですから、見学後の日々を、

ブリーダーさんがHPやブログに更新された写真を拝見して、

dogの可愛さに悶える日々を過ごしておりました(笑)

19日(土)、ブリーダーさんから、dogの写真を送って頂きましたheart04

・・・で、今はその写真を眺めて、ニマニマしちゃってまぁ~す(笑)



その写真がこちら・・・

2012_05_12img_1917_2



シルバーダップルの女の子ですheart02

なんて可愛いんでしょlovely

     ↑
既に、親バカ・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月20日 (日)

運命の出会い②

仔犬を我が家に迎えることを決めてから、運命の出会いがあるまでに紆余曲折がありましたよ!


ノエルが虹の橋へ渡ってから、心身ともに疲れた私は、ペットロスに陥り・・・

仔犬を迎える前に、自分自身の健康状態をきちんと把握しなければと思い、人間ドックへ行きました。


その結果、血液内科での再検査になってしまいましたbearing

血液内科とは、血液・リンパの病気を検査・治療する為の科です。

私の父が悪性リンパ腫を患った(3年経過し、完治したと思われますが)こともあり、再検査と出た時は、最悪の状況を考えてしまいましたよcoldsweats02


万が一、抗癌剤治療が必要な病気の場合、dogを飼うことは出来ませんbearing

父が悪性リンパ腫で抗癌剤治療していた時・・・

父に懐いて一緒に寝ていた母犬は、妹が引き取ることになりましたしね。

妹犬は、父に近寄りもしなかったので、
実家にいてもさほど問題にならなかったのですけどw

まぁ~1番大好きな妹の所へ行けて、母犬は大喜びでしたけどね(^m^)

幸い父がお世話になった病院へ紹介状を書いて頂き、検査した結果・・・

標準値よりも少しオーバーしていましたが、直ぐ治療が必要な程ではなく、半年後に再検査ということになり、一安心しました。



私の健康状態にも問題が・・・

私の父は脳梗塞の後遺症も残っている上、歳をとり足腰も弱くなり、

今年、完全に仕事をリタイアした頃からボケ(物忘れ)の症状も始まりました。

このまま酷くなれば、介護生活になることは間違いありません。

だから、仔犬を飼うことを先延ばしにしようかと思った時期もありました。

ですが、ある時父が、「●●ちゃん(ノエルの妹犬)も死んじゃったんだね。やっと俺に懐いてきたのに・・・」と寂しそうに一言。

実家で暮らしていたノエルの妹犬は、極度の人見知りで、仕事で家にいない父には全然懐いていなかったのです。
ですが、亡くなる1年位前から、父の膝で寝るほど懐いていたので、亡くなった時は凄くショックだったんですね~。


私が仔犬を飼う事は、父にとってもアニマルセラピーになるのでは?
という思いがうまれ、やはり我が家にdogの存在が大切だと感じました。


dogを飼うということは、そのコの人生を背負うことです。

生半可な気持ちで飼うことはすべきではないと思っているので、

12~15年後のことも真剣に考えた結果の決意!

ノエル同様、時には厳しく、時には甘やかして、

家族になろうと思いました。




その後に出会った仔犬・・・

我が家だけでなく、実家のアイドルになること間違いなしですよねhappy01

今から、迎える日を物凄~く楽しみにしていますnote

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月18日 (金)

運命の出会い①

先日、ちょこっと書きましたが・・・

6月にカニンヘンダックスの仔犬が我が家にやって来ますnote



これから仔犬を迎えるまでの日々を少し書き綴っていこうと思いますhappy01

新しくdogを家族に迎えると決めて、最初にしたのは、ブリーダーさん探しです。


我が家(実家)では、私が産まれる前に飼っていたシェパード(知人から引き取った)以外、

シェットランドシープドックもミニチュアダックスフント(ノエルの母犬)もブリーダーさんから購入しています。

ですから、ペットショップで仔犬を・・・なんて考えは1mmもなく、

ブリーダーさん探しは重要です。



ブリーダーさんを選ぶ私なりのポイントは・・・。


1・ひとつの犬種のみ飼育している事。 

営利目的の場合は、流行の犬種に移ってしまうので、これで少し判別出来ると思います。
やっぱり、その犬種を愛し、理解しているブリーダーさんから買いたいですものね。


2・犬舎が自宅から近いこと。

仔犬はストレスで低血糖を起し、最悪、死亡してしまうケースもあるので、距離は出来るだけ近い方が好ましいと思っています。
まぁ~自宅に着いたら、昔なら砂糖でしたが、今ならポ●リを水で薄めて与えるなど、対策はあるんですけど、リスクは少ない方が良いですものね。
母犬から引き離されて、車酔いまでしちゃったら、ストレス大で可哀想だものbearing



3・PRAの検査をしている事。その結果をきちんと公表している事。

遺伝的疾患のあるコを産み出さない努力をしているブリーダーさんは、信頼出来ると思います。



4・母犬&父犬の情報を明記してある事。

写真を載せて頂いていると、成犬になった姿を想像するのに役立ちますよね~shine




5・仔犬を迎えた後までフォローしてくれるか?


初めてワンコを飼う人は、特に!!!

私のようにワンコを飼ったことがある人でも、仔犬を育てていた頃のことなんて、忘れているか、うろ覚えですものねcoldsweats01

相談にのって頂けると、本当に心強いです。





後は、ワンコの好みと相性の問題ですよね。

見た目だと・・・

アメリカ系のコが良いとか・・・ドイツ系のコが良いとかheart04

美人系・ハンサム系が良いとか・・・可愛い系が良いとかheart04

性格では・・・

大人しいコ・従順そうなコが良いのか?元気でやんちゃなコが良いのか?

前者の方がしつけはし易いけど、後者の方が見てて面白いw

やっぱり好みだよね~(^m^)




金額に関しては、適正価格であれば良いかなっとw

その犬舎に男のコがいない場合は少し割高になりますし、チャンピオンのコなら、更にお高くなるものですしね。

後、我が家では女の子希望ってことくらいw

男の子も従順で可愛いですけど・・・

両方飼ってみて、私には女のコが向いているみたいなのでhappy02




以上を踏まえてのブリーダーさん探しをしました。

今は、一時期よりダックス人気がダウンして、犬舎も少なくなってしまいましたが、
その分、ダックスを本当に愛しているブリーダーさんが経営している犬舎が残っているので嬉しいなhappy01note

それにしても、ネット環境が充実している現代は、ブリーダー探しも楽だよねw

ノエルの母犬の時は、ワンコ雑誌を片っ端から読んで、探したんだよねwww

あの頃は、HPやブログを作っている犬舎さん、少なかったものhappy02







そして・・・素敵な出会いがありましたheart


そのお話は、また今度wink

ブログやHPで仔犬の写真を見て、癒されてますlovely

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月15日 (火)

気が早いかな?!

にほんブログ村のカテゴリーをミニチュアダックスから、カニンヘンダックスへ変更しました。



子供の頃からワンコのいる生活を送っている私と、子供の頃からネコの多頭飼い暮らしをしていたダンナは、ノエルを亡くし・・・
1ヵ月後には、癒される存在がいない生活にダウンil||li _| ̄|○ il||li

私がペットロスになってしまったこともあって、ノエルの妹分を迎えることを検討しました。



ペットロスに陥った場合、亡くしたコへの悲しみが思い出に変わる前に、新しく家族を迎えることには反対されます。

ですが、悲しみが癒える前に、私の肉体に限界がきそうなのでね・・・bearing


まぁ~

私自身も新しく迎えたコを、ノエルの身代わりにしてしますのでは?!

・・・という不安はあるのですが、夫婦でトコトン話し合い、様々な人の意見を聞き・・・

どのコもノエルの代わりにはなれないという結論に達しました。

勿論、新しく家族になるコもですよhappy01

そのコの代わりになるコはいませんよねwww




ただ一つ問題になったのが、私が長年苦しめられている腰痛です。

ノエルの介護中も、クッシング症候群で足腰が弱ったノエルを、抱っこしてトイレに連れて行ったり、ドックスリングへ入れて、散歩や病院へ出掛けたりしていたので、腰痛が悪化!

今になって思えば、その重さこそがノエルの命の重さだったと、その重ささえ愛しく感じるのですが、その時は、本当に大変だったのbearing

毎日、整形外科で処方された痛み止め(ロキソニン)を呑んで、やっと生活している状態だったからねcoldsweats02


今は、薬を呑まなくても良い日の方が多くなっているのだけど・・・

仔犬を迎えたら、また腰痛がぶり返すかもしれないのよねbearing

だから、次、迎えるコは、カニンヘンダックスへしようsign03ってことになったのです。




まだ仔犬を迎える前にカテゴリー変更なんて、気が早い気もしたのですが・・・。

思い立ったが吉日ともいいますし・・・。

仔犬を迎えるまでの日々もブログに書いていこうと思いましてねhappy02


何か新しいことを始めた方が、ノエルに囚われなくて良いのかな?!なんてw

私がいつまでも落ち込んでいると、ノエルが心配しますものね~。


いつか虹の橋で、ノエルと再会するその時まで、精一杯、人生を楽しんでいこうと思います。




・・・・って、今夜も寝れそうもないから、ブログ書いてるんだけどcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年5月13日 (日)

ペットロス

ノエルが亡くなってから、不眠に陥り、眠れない日々を過ごしてるよbearing

薬に頼るのは嫌なので、レタスを食べたり・・・

アロマを焚いて不眠解消しようと頑張っています。

でも、寝れないけどねwwww

今夜も寝れないしcoldsweats01

アロマオイルもさ~。

私が1番好きな香りは、JANSESCEの『アップリフター』というブレンドオイルだったのだけど・・・

ノエルが亡くなった後、お線香とか香炉とか買っていなかったから、お通夜までずっとお線香代わりに焚いていたの。

だから、これを焚くと思い出しちゃうんだよね~sad

ブレンドされているマージョラムもネロリも不眠に効果的とされているものだから惜しいsign03

これが効いていれば、気持ちが元気になって、不眠解消されてたかもね。

今は同じメーカーの『アンワインダー』にしていますが・・・

何気に私、ラベンダーの香り、苦手なんだよねcoldsweats01

ハァ~down

気長に時間が解決してくれるのを待つしかないのかな。

そうそう!

もう1つの症状でもあり、過食の方は・・・

私の場合は、チョコ限定。

ストレスでチョコが食べたくて仕方なくてさhappy02

ノエルが亡くなった直後は、板チョコなら1~2枚、箱なら1箱食べてたんだけど・・・。

それは最近、意識的にやめるようにしています。

完全に絶つのはストレスが溜まってしまうから、1日ヒトカケだけ食べてますけど(笑)

心の問題は、頑張ればどうにかなるものじゃないものねbearing

取り合えず・・・

ノエルに話しかけるような独り言だけはやめないと!

今日もダンナに注意されてしまったよwwww

まだまだ寝れそうもないので、ココアを飲んでみますね~。

って、「ココアもチョコだろヾ(・ε・。)ォィォィ」

・・・とかいうツッコミはナシですよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »