« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月24日 (火)

ノエル永眠

1月22日の朝、私の愛犬ノエルが天国へ旅立って行きました。

明日、葬儀を行います。




昨年、結石が見つかり治療中・・・

クッシング症候群((副腎皮質機能亢進症)という副腎皮質ホルモンが過剰に分泌さ

れることで、様々な症状が引き起こされる病気にかかりました。


脳下垂体に腫瘍が出来たことによる原因が全体の90%、

副腎に腫瘍が出来たことによる原因は全体の10%の中・・・・

ノエルは副腎腫瘍によるものでした。


脳下垂体に出来た腫瘍は、手術の成功率、術後の後遺症を考え、薬での治療が殆どです。

副腎の場合は、お腹に出来た腫瘍なので、手術という選択肢も生まれますが・・・

副腎の周りは太い血管もあり、血管が多い場所なので、手術中の出血死も考えられる、とても難しい手術です。

私達夫婦は、掛かりつけの医師、獣医師である義弟(妹の旦那様)の意見を聞いた結果・・・

薬での治療を選択しました。

薬を一生呑み続けることになりますが、薬が効き、長生きしてくれることを願っていましたが・・・

その願いも虚しく、ノエルは旅立ってしまいました。


もう苦しまなくて良いのね・・・

そう心に言い聞かせてはいるのですが、悲しみが薄れることはなく・・・

ノエルが思い出に変わるまで、時間が掛かりそうです。

今までノエルの記事を読んで頂き、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »